71Xomp30ypL._SL1500_[読んだ本] アルトゥール・ショーペンハウアー著) 鈴木芳子(訳) 『読書について』 光文社古典新訳文庫
読むこと自体はそうそう難しくないけれど、どう感じるかとなると、なかなかに手強いのがこの一冊。

『読書について』は、ショーペンハウアーの『余録と補遺』から訳出された三篇からなっているが、書物と人間の知性をめぐる鋭い問いかけが読み継がれている理由だろう。

『読書は自分で考えることの代わりにしかならない。自分の思索の手綱を他人にゆだねることだ』(p.11)

まあ、過去の本を読むより自分の頭で考えろという話なんだけれど、これはまた都合よく解釈されやすい。「オリジナルだけに意味がある」と創作に燃えて、過去の作品を勉強することを嫌がるアーチスト志望の人などには有難いようだが、うかつに信じれば、そこには大きな落とし穴がありそうだ。

ふと思い出すのは、中学校の時に「大切なのは未来なんだから歴史のような過去のことを学ぶのは意味がない」と言っていた同期生がいたことだった。単なる勉強嫌いならともかく、相当成績がよかったので、まあ典型的な中二病だったのだろう。

ちょっと考えればわかることだが、「読書をする」ということが、「自分の頭で考える」ことを邪魔するわけではない。知識が、そのまま創造力を妨げるわけではない。

歴史に学ばない人が、失敗を繰り返していることを見ても明らかだ。

しかし、ショーペンハウアーの言葉がどこか僕たちの「痛いところ」を突いているからこそ、読み継がれているのだと思う。

それは、この時代がある種の「情報爆発」が起きていたことと関係があると思っている。 >> 【歳末本祭り】ショーペンハウアーの仕掛けたトラップ『読書について』の続きを読む



51BEufQk+1L._SX342_BO1,204,203,200_【読んだ本】北村薫 『太宰治の辞書』(新潮社)

久しぶりに北村薫を読んだ。小説として、とりわけミステリーとして期待をするとちょっと肩透かしかもしれない。また日本の近代文学に関心がない人にとっては、面白味は感じられないだろう。

ただ、太宰や芥川の小説を読んだことがあって、そういうのもいいよなという人にとっては、なかなかいいんじゃないだろうか。

そして、この小説は作者のデビュー作「空飛ぶ馬」の主人公が登場する。僕も途中で読んでない作品があり、それでも十分楽しめるとはいえ、その辺りの経緯を含めて説j名すると長くなるので、内容については出版社の紹介分を読んでいだたいた方がいいかもしれない。
>>>芥川の「舞踏会」の花火、太宰の「女生徒」の“ロココ料理”、朔太郎の詩のおだまきの花……その世界に胸震わす喜び。自分を賭けて読み解いていく醍醐味。作家は何を伝えているのか――。編集者として時を重ねた《私》は、太宰の創作の謎に出会う。《円紫さん》の言葉に導かれ、本を巡る旅は、作家の秘密の探索に――。>>>
僕なりに一言でいうと、「小説の醍醐味を凝縮した小説」と言えるかもしれない。

小説は役に立たないものかもしれない。本好きを自認するビジネスパーソンの中には、小説を毛嫌いする人がいる。ビジネス本やノンフィクションじゃないと「役に立たない」と思っているようで、まあそれはそれでいいだろう。

しかし、仕事がいかにうまく言っていても、生きていく上での壁はまたさまざまだ。そういう時に、小説は存在している。さまざまな時代の、さまざまな地域の、さまざまな人の生き方をストーリーによって体感することで、人生の多様性を知る。 >> 【歳末本祭り】「役に立たない」から小説は面白い。『太宰治の辞書』の続きを読む



61ugw7cDaDL._SX380_BO1,204,203,200_[読んだ本]ダニエル・スミス著,小野智子・片山美佳子(訳)『絶対に行けない世界の非公開区域99』(日経ナショナル ジオグラフィック社)

 

毎年のことだが、幸いにして忘年会もまったくなく、マイペースで仕事と読書と整理ごとに明け暮れている。そこで、ちょっと気が早いが、今年読んだ本を折を見てピックアップしてみようと思う。新作から古典までなので、別に2015年のレビューというわけでもないけれど、年末年始の読書計画の参考にでもなれば。

というわけで夏に続いて「歳末本祭り」の第一弾は、写真集というかまあ一種のビジュアル本。タイトルからしておどろおどろしいが、内容は至って正統派。ところが読むほどに、「書かれていないこと」への妄想が膨らむ一冊である。

ナショナル ジオグラフィックは、定期購読している数少ない雑誌だ。美術手帖を止めたので(倒産には驚いたが)、あとは「料理通信」くらいになってしまった。

ナショナル ジオグラフィックは、「大自然の写真」というイメージが強いが、記事の切り込みも相当ユニークだ。「教皇のバチカン改革」などのインサイドレポートや、「おいしさの科学」のような読み物まで幅が広い。 >> 【歳末本祭り】グラス片手に冬の夜を楽しむなら。『絶対に行けない世界の非公開区域99』の続きを読む



710iyoSNkhLデジタル・インテリジェンスの横山隆治氏には、毎年青山学院大学でゲスト講義をお願いしている。今年は、新刊の「リアル行動ターゲティング」(横山隆治・楳田良輝共著/日経BP社)の内容からも最前線のお話を頂き、ちょうど発行後だったので一読したのだが、たいへん興味深いので紹介しようと思う。

表紙には「人の興味関心はネット上の検索・閲覧だけではない」とあって、そのために「リアル行動」が「空間把握」と同義に感じられるかもしれないが、それはちょっと異なる。

もちろん、スマートフォンなどの普及で空間情報の詳細な把握は可能になったが、この本は「位置情報ターゲティング」ではない。

「時間・空間」を含めた「人間行動のすべて」をつかもう、という趣旨である。

そのためには、マーケティングにおいて「意識」と「行動」の関係をどう捉えるか?という視点をもう一度確認しておく必要があるだろうと思い、僕なりに論題を整理してみた。

このチャートは相当簡略化しているが、人の行動は何らかの意識に基づいておこなわれる。B-C

その時「ああ、喉が渇いた」という意識で、「水を買う」という消費行動に至ることもあるだろうが、日常の行動はもっと複雑だ。

一日の行動を振り返ると、「今日は何をするぞ」という意識からいろいろな「リアル行動」が起きる。そして、一方でさまざまなメディアに接触する「メディア行動」もある。※

その日の天候が気になるなら天気予報を見るし、昨夜のニューヨーク市場が気になれば経済ニュースを見る。 >> ニーズと行動がここまで見える。『リアル行動ターゲティング』の続きを読む



51og1MFiS1L._SX341_BO1,204,203,200_[読んだ本]ジェシー・バートン著 青木純子(訳)『ミニチュア作家』(早川書房)

もう夏も終わるかのような陽気で、かつ世界経済大荒れ感の中で、もうちょっと現実離れした欧州の時代小説を二つほど。

まずは、『ミニチュア作家』という17世紀のオランダを舞台にした作品。著者は1982年生まれの英国の女優だが、経歴には「舞台に立つかたわら、シティで秘書として働く」とあるから、まあ売れっ子というわけではないのだろう。ところがこの作品は欧州では相当受けたようで、昨年出版されて32ヵ国で翻訳出版されて、英国の書店チェーンの「ブック・オブ・ザ・イヤー」受賞というのは、ちょうど「本屋大賞」といった感じだろうか。

アムステルダムの裕福な商人の家に嫁いだ18歳の娘を取り巻くちょっとミステリアスなストーリー。夫、義妹、使用人など皆が秘密を抱えているような空気の中で、物語はそのヴェールを一枚ずつはがしていくように進んでいく。

夫からの贈り物である、素晴らしいドールハウスと、それを「作っているらしい」ミニチュア作家の存在がストーリーの通底で謎めいた雰囲気を醸し出している。ただし、ミステリーというよりは、ファンタジー的な要素も色濃いため、あまりカッチリしたお話と期待してしまうと、肩透かしを食うかもしれない。

夫はオランダ東インド会社の一員という設定で、この時代のビジネスの雰囲気が伝わってくるのも面白い。レンブラントの絵を思い浮かべながら読むといいんじゃないかな。 >> 【夏の本祭り】欧州時代小説の魅力『ミニチュア作家』と『スウェーデンの騎士』の続きを読む