プロ野球に関心を持たなくなったのはいつ頃からだろうか。東京生まれだが、なぜかカープファンだった。1986年の優勝は社会人1年目だったが、神宮で決めた試合を友人と観に行った。最後は津田が締めていた。

先般、カープファンという20歳くらいの女性にそのことを話したら、キョトンとしていた。生まれる十年ほど前の話なのだから、僕にとっては「大下と杉浦がMVPで広岡が新人賞」の時代を聞いているようなものだ。そりゃ、わかるわけがない。

自分のプロ野球離れの理由はわからないが、球場へ行かなくなった理由ははっきりしている。のべつ幕なしに、応援歌が鳴っているからだ。そもそも、野球というのは一定のテンポでおこなわれるものではない。昔のように外野の一部でのどかにやってた頃はともかく、妙に達者なバンドがドーム球場でガンガンやっている中での観戦は苦痛なのだ。

というわけで、賭博などの話も「まあ、ちゃんとやれよ」くらいの傍観者なのだけれど、ちょっと気になるトピックがあった。

巨人を皮切りにあちらこちらで発覚した「勝敗に絡んだ金銭授受」という謎の慣行についてのアンケート調査だ。「勝ったら総取り」みたいな話は、あまメディアでは当然のように批判されているのだけれど、このスポニチの調査結果がおもしろい。

『ツイッター「スポニチ野球記者」で緊急アンケートを実施。「良くない。悪い慣習」「許容できる範囲内」が同じ44%と、真っ二つに意見が分かれた。』ということなのだ。

もちろん、ちゃんとしたサンプリングではない。ただし、わざわざ投票するのだから「プロ野球に関心が高い人」だと思う。そして、そういう人の中に相当の擁護派がいるのだ。

僕の周りにいる野球好きは、みんな呆れていたがそうとは限らないようだ。

なんでだろう?と考えたみると、これは「放っておいてやれよ」というファンの気分なんじゃないかと思った。いきなり建前を掲げて説教垂れるメディアへの反感だろう。

ただし、もっと前だったらどうだろうか。野球ファンの存在はメジャーであり主流派だった。「なんて恥ずかしいことしてくれたんだ」が多数となるんじゃないか。

それが、賛否半々である。そして、「まあ、いいじゃん」と思う人は、自分たちだけの綴じた空間にいるのだろう。

関東ではプロ野球中継は視聴率の低下から、地上波を追われ、BSやCSの一コンテンツになった。この20年ほどの流れは、プロ野球ファンが「少数派」へと転じていく流れでもある。一方でメディア上はともかく、各球場はそれなりに賑わっていて地方分散は成功したと言われる。

社会心理学に「少数派の研究」というのがある。「沈黙のらせん」理論などが有名だが、近年「少数派の残存」という知見が注目された。

それによると、少数派の人々を支えているのは少数派の人どうしなのだという。彼らは相互に自分の立場を強化しあい、外部からの影響を受けないという。しかも、自分たちは少数派と思ってない。

これは、まさに現在のプロ野球ファンの構造だと思う。放送が減っても、野球場にはたくさんいるし、身近に少なくてもネット上ではいろんな空間がある。

そういう人たちが「プロ野球ってカネまみれじゃん」と外から言われると、頑なになるわけだ。

この、「少数派の残存」というのはいろんなところに応用できる。ガラケーを使っている人は周りもそういう人ばかりだったりする。またデモに集まっている人も、自分たちが野党勢力であり、内閣の支持率は不支持率よりも高いことを理解するのが困難なのも同じ構造というわけだ。



ドイツの地方選挙がおこなわれた。州にもよるけれど、メルケル首相のCDUは退潮で、いわゆる「反難民」の右派政党「ドイツのための選択肢(AfD)が伸長したという。

米国では、トランプと反トランプが、文字通り「激突」状態になってきた。

また、ポーランドでは昨秋に政権をとった「法と正義」という右派政党が憲法裁判所を制御しようとしている。

明らかに、何かが起きている。それを極右的勢力の台頭とか反リベラルなどという評するのはやさしい。ただし、一つ明らかなことがある。

それは、一定以上の人々が支持しているという事実だ。

そして、もう一つの事実があって、それは主流のマスメディアの論調とは逆ということだ。

米タイム誌は2015年の「今年の人」に、ドイツのメルケル首相を選んだ。

トランプについては、米国のワシントン・ポストが「トランプ絶対阻止」という異例の論説を出した。エコノミストなども、強く批判している。

しかし、支持者はいる。

トランプの支持拡大などは、多くの人にとって「想像もできなかった事態」ではあるが、それはマスメディアが想像できていなかった、ということだろう。彼らの常識の外に、多くの人がいて、メディアはその波を感じることができなかった。

似たようなことは日本でもあった。2014年の都知事選で田母神俊雄氏が60万以上の得票を記録した時も、メディアは結構慌てていた。 >> メディアが正論を唱え、そして正義は遠ざかる。の続きを読む



埼玉のとある市の中学校では、毎年3月に「卒業祝い献立」をおこなっていたが、今年はスケジュールの関係で3月11日になったそうな。そうしたら、『教職員から「震災のあった日にお祝いなんて非常識」という声が一部で上がっている。』というニュースになっていた。

埼玉新聞のニュースだったのだけど、こういう話を聞くたびに「追悼」という行為の二面性を感じる。個人の内面における思惟と、社会儀礼としての二面性だ。

別に大災害ではなくても、そのように感じることはあるのではないか。それは、宗教的な営みにもついて回ることだ。

祈る時は1人のこともあれば、複数のこともある。ただし、何万人が一斉に祈ろうが、人が何を祈るかは、その人にしかわからない。だから、祈りの間は、沈黙となる。そう考えると、祈りとは孤独な営みであって、本質的には個人的な行為のように思える。

しかし、人は弔いを社会の行為としておこなったきた。文化人類学の専門書を紐解くまでもなく、それを感じることはできるだろう。葬儀は、集団によっておこなわれる。それが極大化したのが、国葬を頂点とする権力者の葬儀だ。もちろん、民間でもある。ただし、長寿の人が増えて現役のまま没することは減ってきたこともあり、社葬というのもあまり聞かない。

「親族のみにて」というケースは増えており、いまの日本では、弔いという行為はまた内面へと向かっているのかもしれない。しかし、それでもセレモニーには一定の意味がある。先日、会社員時代の先輩が他界して、一か月強を経ておこなわれた「お別れの会」に行ってきた。1人で献花しただけだが、行ってよかった。 >> 震災の日に卒業祝い給食は非常識、という教師の方が不見識だと思う。の続きを読む



大学生が本を読まないという話は、結構前から呪文のように言われている。

最近の調査では、1日の読書時間が「0分」という学生が過去最高になったという。こういうニュースは、調査の中で一番目立つところを抜き出すので、実態を知ろうとするなら元のデータを見たほうがいい。

全国大学生活協同組合連合会の第51回学生実態調査の概要報告(ああ、長い!)というこちらのサイトに行くとその内容がよくわかる。

このサイトの中に、過去10年ほどのグラフがある。そこで見ると、たしかに、「0分」という学生は史上最多で、45.2%になっている。それを見れば「最近の大学生は本を読まない」というように思うが、よく見るとそうとも言い切れない。ポイントは以下のようになる。

① 「30分以上60分未満」と答えた学生は23%で昨年より減っているが、10年で見ればほぼ横ばい。

② 「60分以上」という学生は20%で、これは10年前の25%からは漸減傾向

③ 「30分未満」という学生が2013年の18%から6%に急減

④ 「0分」という学生が2014年の40.5%から45.2%に増加

 

つまり、「30分以上」という学生の総和はあまり変わってない。「30分以下」というのは、1分でもOKなのだが、その層の学生が「0分」になったという感じだ。 >> 大学生は本を読まなくなった、は本当か?の続きを読む



というわけで、今月の振り返りと展望など。

2月は逃げるとはよく言ったもので、年明けは静々と進むが、月が替わるとになると加速したようになる。単に日数が少ないというだけでは説明できない。春が近くなると、「とりあえず2月はいいから、3月来い!」みたいな気分になるのだろうか。

入試や決算もそうだが2月は仕込みのようなところがあり、3月に諸々と決着がついて新年度という感じになる。

今年は年初から芸能ネタから国際関係、あるいは事故・事件などが相次いだので、2月はそれに比べれば「一段落」のようなところはある。ただし、国際的に潮目の変化を感じるニュースが多かった。

1月末の日銀によるマイナス金利決定は大きなインパクトだったが、株式市場は世界的に下降基調にあり、かつ乱調だ。原油増産は凍結といっても減産をしないのなら当分は負の影響が続くだろう。当然のように、為替もややこしいことになっている。

東京市場の下落を受けて、アベノミクスの終焉というタイトルも目立つようになった。新聞社の世論調査もアベノミクスへの賛否を問うていて、多くが「反対」というが、マクロ政策などについて自分の見識を持っている人はそうそういないわけで、実際に内閣支持率は横ばいのようだ。

一方で、欧州から中東においては大きな動きがあった。シリア停戦がどうにか発効する一方で、EU改革案について合意。キャメロン首相には得点のように見えたが、ロンドン市長が離脱賛成の意思表明をおこなうなど混沌としている。一方でドイツも移民の抑制策を議会が可決するなど方向転換が進んでいる。

昨秋からの難民流入に関する政策が大きな転換点を迎えた。僕はドイツの「寛容」な政策には懐疑的なことを書いていたが、結局こうなったのかという感じである。いずれにせよEUは正念場を迎えるが、そういえばFIFAの新会長はスイス出身の45歳に決まった。 >> いろいろ決着を先送りして2月は逃げる。の続きを読む