143-books.jpg

宝塚の「トラファルガー」を見た勢いで、同時代の歴史書が読みたくなった。最近、本を買うのはほとんどがamazonなのだけれど、久しぶりに書店の本棚、特に歴史ものでも見てみようかと紀伊國屋書店の新宿南店へ行った。
だだっ広い割に専門書の並びについてはかなり悪いイメージがあるので、あまり行かない本屋である。ただし、あまりに暑いので地下にパーキングのある書店を選んだというだけの話なんだけれど。
結局、一冊も買わなかった。歴史のコーナーに行ったのだけれど、「フランス革命」「ナポレオン」はともかく、同時代の欧州を俯瞰するような書物は見つからない。もっとありそうなのに……と思ってふと気づいた。
新書、選書、あるいは文庫はここにはないのだ。別のフロアに行かなくてはならない。しかし、行ったところでそうした版型の本は出版社別である。探すのは、かなり苦労する。出版点数が増加したことで、リアル書店の構造的な問題がますますクッキリとしてしまった。
結局、一人でカレーを食べて家に帰った。
そして、結局携帯で検索しているうちに、面白そうな本が見つかってきた。
しかし、リアル書店は厳しいんだろうな、と改めて思う。書棚を見ると、いろいろと分類されている。本と本の間に「タグ」のように項目名が挟まっているけれど、これが何とも、キビしい。
近代史のあたりだと「フランス史」「アフリカ史」「ベネルクス史」のように基本はエリア別なのだけれど、例外的に「テーマ」でタグがある。この書店の場合は「ナチス」「ホロコースト」そして「従軍慰安婦」だ。ちょっとずれたとところには「三国志」があった。
つまり、この書店の歴史観はそういうことなんだろう。

>> リアル書店の切なさ。の続きを読む



近所を散歩していたら、ある家の軒先から夫婦の会話が聞こえた。
「誰が、そんなこと言った?」
「だって、テレビで言っていたもの」
突っかかった夫はそこで沈黙したらしい。前後のことはわからないのだけれど、こういことはよくある。特に一定以上の歳の人は、メディアの情報を鵜呑みにする。
実際にはメディアの情報はすべてが本当とは思えない。別に意図的な嘘でなくても、「嘘」としか言いようのない情報は巷にあふれていて、それはマスメディアでもインターネットでも同様だろう。
で、どんな時にどんな「嘘」が生じるのだろうか。
===================================================================================================
1.過剰期待で生じる嘘
「料理番組のレシピが今ひとつおいしくない」とか「芸能人の喜んでいた宿がたいしたことない」「褒められている映画がクソだった」というようなもので、これはメディアのコンテンツや登場人物に対する過剰期待から生じるパターン。まあ、よほどのバカでなければ段々と学習して、信頼できる情報ソースを探すはずだ。
2.予測で生じる嘘
これはスポーツの順位予想から、経済政策論議までいろんなところで出てくる。つまり「予測」というのは複数あれば誰かのものが外れるのだから、ある意味宿命的なもの。ただ、「岡ちゃんごめん(#okachan_sorry)」が生まれるネットに比べて、マスメディアにはかなりのトホホ感が残る。
3.ミクロな嘘

>> メディアの「嘘」との付き合い方。の続きを読む



(2010年7月4日)

カテゴリ:世の中いろいろ
タグ: ,

さすがに今週には決めるようだけれど、大相撲名古屋場所の中継、NHKはどうするんだろうか。
民放だったら、こんな直前までプログラムを決めないわけにはいかないよな、とか余計なことかんがえてみるけど。
ちなみに、相撲は全然見ないし興味もないので個人的にはどうでもいい。そういえば、地上波のプロ野球中継も殆ど見ないけど、別に世の中普通に回っているし。
で、1つ思ったんだけれど、「相撲はアナログでしか見られません」というのはどうだろうか。
デジタル対応した人が相撲の好きな人が、あわててアナログテレビを探す。ところが、ないものだから既存のアナログテレビに高値がつくので、アナログの人はオークションとかで高く売る。
これで買い換えれば、地デジの普及率が上がる。
で、次の秋場所では「ワンセグだけ」にするとか。相撲好きが高齢者が多いんだから、彼らの金を使わせるにもいいと思うんだけれど。



142-01Shunsho-sumo-boy.jpg

「顔を見ればわかる」という本があった。とある脚本家の書いた「顔」評論で、政治家から芸能人まで「顔」を批評して言いたい放題の本だった。
かなり、乱暴な評論だったけれどそれなりに妙な納得性があったりした。
顔についていうと、これは結構重要じゃないかと思うことがある。
よく大学生に「採用面接でどこを見るか」と聞かれるが、僕の場合はまず「顔」である。
これはキャリア関連の仕事をしている人でそう考えている人は結構多い。
もっとも言うか言わないかは別である。現役の人事が口にしたら、まあ問題にはなるだろう。
ここで言う「顔」というのは、最初の会った時に「負けない」ような強さを持っているかどうかということである。もちろん「眼」の比重は高いけれど、単に面接官にガン飛ばしてもどうにもならない。
顔全体に「強さ」「自信」といったものが漂っているかを、気にするのだ。
で、そういう面から見ると、近頃見た「最低の顔集団」は、相撲協会の人々である。
今の理事長も、その前だって現役の時はもっとマトモな顔をしていた。ところが、記者会見で見る顔はひどい。追いつめられての会見だからではなく、実は平時から結構ダメな顔だと思う。
他の理事もひどい。目が定まっていない、泣きそう、あるいは逆に睨んでいる。
暴力団がらみで降格された親方に至っては、しゃべりも含めて問題外の外、といった感じだった。
僕が興味を持つのは、いろんなスポーツの中でこれほど「現役と引退後」の顔の落差が激しいのが他にはないということだ。

>> そもそも親方の顔がダメだと思う。の続きを読む



(2010年6月13日)

カテゴリ:世の中いろいろ
タグ: , ,
141-primeminister.jpg

めずらしく、政治の話。
鳩山内閣の退陣を「マスメディアの圧力」のように書く雰囲気が、とりわけネットでは強いようだけれど、それに対して疑問を持ったのが今回の分析。
つまり、「首相ってそれほど脆いのか」「メディアはそれ程強いのか」という話である。
結論からいうと、首相というのはそうやすやすと「辞めさせられる」ものではない。今回の交代劇も、参院選の年に見られる党内圧力由来の「表紙替え」の典型ということだ。
佐藤栄作以降の「辞めた理由」をチャート分析したのが、ご覧の図である。まあ、複数の理由が重なることもあるので議論はあるかもしれないが、ほぼこういう感じだと思うよ。

さて、上から見ていくとBの場合だと宮沢は内閣不信任案の可決で、後の2人は政権与党が少数派になったことに伴う辞職。
Cというのは、福田しかない。まあこんなことができたのも、自民党に余裕があったからだろう。

Dというのは、3人とも長期政権である。こうして堂々と退陣できた首相は大変少ない。一方その間に後継者を競わせるので、「三角大福中」「安竹宮」「麻垣康三」などのワードが生まれる。そして、その後の政権は、この有力後継者のたらい回し状態になって、それが尽きた頃に長期政権が生まれる。
このあたりまでは、一応何らかの「ルール」の結果である。

日本的、というか何とも言いがたいのが「自発的辞任」であるけれど。これも幾つかのパターンがある。

>> 首相を辞める理由。の続きを読む