「人づくり革命」が不評らしい。

日本人の中には「ものづくり」ということをありがたがる人は多いけど、だからこそ「人づくり」って何なのか。

しかも、そこに「革命」がつく。じゃあ、英語ではどうなるのか。やっぱりrevolutionとか言うのか。いや、それで大丈夫か。

といろいろ思って、首相官邸のウェブサイトを見た。英語版にして、Toshimitsu MOTEGIを探すとこう書いてある。
Minister for Human Resources Development

なんだ、これ。HRDか。「人的資源開発担当」って、まあ「人材開発担当」だ。なんか、コーポレート部門役員の管掌の話みたいじゃないか。

なんか、拍子抜けだ。じゃあ、なんで「ひとづくり革命」とかにしたのか。もう、それはセンスなんだろう。

ちなみに「一億総活躍」は、英語ではどうか?

Minister for Promoting Dynamic Engagement of All Citizens

おお、Dynamic Engagement!なんかすごいけど、立派過ぎて今度は日本語にしにくい。調べてみたら、記事にもなっていた。
『これを日本語に直訳すれば「全ての国民の精力的な参画の促進を担当する閣僚」になる。外国人には日本の人口規模が伝わりにくいため、英語表記では「一億人」を省いた。』

そりゃ、そうだろうな。この英語を決めるための会議とか、そのままコントになるんじゃないか。とりあえず、案の中にはhundred millionとか入っていて、それにactivityをくっつけようとすると、「それはちょっとなぁ」と上司が首を捻る。

やがてengagementとか探してくる人がいたんだろうか。ただengagementってどう捉えられるのか。それはそれで、気になる。

「地方創生」「一億総活躍」と来て。「人づくり革命」という“目玉政策”だが、筋としては正しいと思っている。人口減少の未来では、一人ひとりの「価値」が大切になっていく。

それは、わかる。

ただし、何とも伝わってこない。わかりやすくしようとしたのか、インパクトを重視したいのか。

ちなみに、英語表記のdevelopmentを日本語にするとどうなるか?career developmentなどは「キャリア開発」を連想することが多いと思うが、「キャリア発達」という訳語を当てる人もいる。

組織から見れば「開発」でも、人から見れば「発達」というわけだ。このあたり訳語一つとっても、「人材」というのはいろいろ興味深い世界なんだけど、相手は「人」だ。

で、developmentは、どう訳しても「革命」じゃないよな。



先月、「ブランド」についての、レクチャーを久しぶりに行う機会があった。まあ「ブランディングとコミュニケーションの仕組み」というような話だ。

あらためていろいろと調べてまとめてみると、インターネットの影響は当然でかいのだが、何がどう影響しているのか?ということについては散発的な議論になっているように思う。

そして、今回改めて思ったのは、「記憶」の話がちょっと難しくなってるな、ということだった。

ブランディングは、ブランドを「強く」することが目的だ。で、この「強さ」の正体は人々の「記憶」とされていた。ブランドに対する記憶を良好な状態にメインテナンスすることで、購買時に優位に立てますよ。

そういう理論の下で、「コミュニケーション戦略を考えましょう」という話になった。それは1998年頃だから、ウワっもう20年前か。そして、その頃の「コミュニケーション」の多くはマスメディアを使ったもので、形態としては殆どが広告だった。

というわけで、広告会社は続々とブランディングを唱え始める。まあぶっちゃけて言うと「そのためには広告ですよ」という“落としどころ”を狙ったわけだ。 >> 強いブランドに「良い記憶」は必須なのか?の続きを読む



平尾昌晃氏が旅立たれた。

あれだけの曲を作っていただけのことがあり、見出しもさまざまだ。「カナダからの手紙」というメディアもあったが、個人的には「瀬戸の花嫁」かな。

1972年というから、小学3年生の時だ。

「瀬戸ワンタン しぐれ天丼~♪」という替え歌が流行っていたが、ネットで調べると微妙に違うバージョンがありながら、結構広く歌われていたらしい。エリアごとに違ったりするのか、柳田國男が生きていたら調べてくれたんだろうか。

改めて小柳ルミ子の歌を聞いて楽譜を確認すると、なるほどなと思うことがあった。

「瀬戸は」の“は”や、「しぐれて」の“て”は、二分音符だ。しっかり伸ばすことになっている。

しかし、実際の歌は違う。伸ばすこともあれば短めに余韻を持たせることもある。だから、その隙間に何か食べ物の名前を入れることを思いついて、あの替え歌ができた。

言葉に余韻を持たせた作曲だからこそ、誰にでも口ずさめる名曲になった。そして、演歌でもポップスでもないメロディーを作り出したのだから、やはり時代を読むカンも鋭い人だったのだろう。

ただ、この歌詞の世界が「ちょっと古いんじゃないか」というのが、子ども心にも感じていた。 >> 「瀬戸の花嫁」をマーケティング的に語ってみる。の続きを読む



新入社員が職場に行って戸惑うことの一つに、「なぜそのようなやり方で仕事をするのか分からない」という問題がある。

この原因は2通りあって、「不合理な方法が慣習となっているためにまともな新人が疑問を抱く」というケースと、「単に新人の理解力が低い」という場合がある。で、後者の場合は、彼らが賢くなってもらうのを待つしかないが、問題は前者のケースなんだな。

職場というのは長い間に、どうでもいいような仕事の習慣が雪だるまのようになっている。雪だるまなら、まあ可愛いし放っとけば溶けるからまだいい。なんかもっと、ドロッとして硬化したような成分のような感じの「何か」だ。

新入社員というのは、結構純粋な嗅覚を持っている。だから、彼らの疑問は結構正しい。そして、時には「なぜですか?」と質問する。

こういう時に、ちゃんと理由があれば答えられる。新人から見て不合理なことにも、ちゃんと背景があれば「聞いて納得」ということになる。

一方で、「なぜですか?」は痛いところを突くこともある。そうなると、「いちいち聞くな」「いいから言った通りにやれ」ということになる。何かダメな部活のようだが、それと同じくらいダメな職場も多い。 >> 「なぜ?」を嫌う職場は、気を付けた方がいい。の続きを読む



直木賞が発表された。今年はたまたまだけど、事前に候補作を2作読んでいた。

以前に書いた『会津執権の栄誉』と、もう一冊は宮内悠介『あとは野となれ大和撫子』(角川書店)だ。

中央アジアのアラルスタンという国を舞台に、少女たちが活躍するエンタテインメント。冒険小説でもあり青春小説の香りもするけれど、そういう枠には入らない。やっぱり「エンタテインメント」としかいいようがない。

宮内悠介氏はSFというイメージが強いが、近著の『スペース金融道』は、「宇宙を舞台にした消費者金融」という設定で全体のトーンは軽い。とはいえ、設定がしっかりして、構成も凝っている。

この小説も、まず「アラルスタン」という設定がおもしろい。架空の国なんだけど、地図が書かれていてウズベキスタンやカザフスタンの近くのようだ。で、このアラルスタン。気づく方は気づくかもしれないが、「アラル海」の地に生まれた国なのだ。

実際のアラル海について、調べていただければわかるだろうが、かつては広大な内海だった。それが、旧ソ連の灌漑で干上がってしまう。

実際は塩を含んだ地で荒れているのだが、小説上はその地に国家が生まれている。しかし、そこには当然ながら「仕掛け」があり小説全体に影響する。 >> 直木賞残念!でも『あとは野となれ大和撫子』は楽しいよ【書評】の続きを読む