プリンスが他界した。1958年生まれということで、ふと思い当たって確かめたらマイケル・ジャクソンの生年と同じだった。

アーチストの年齢というか、そのキャリアはちょっと特異で、若くして有名になることも多いためピンと来ないこともある。

先週の土曜日に聴いたマウリツィオ・ポリーニは74歳だが、1942年生まれの有名なミュージシャンはポール・マッカートニーだ。カテゴリーは異なるが、それぞれの世界で「戦後を代表する」と言って間違いないだろうし、「最高の」という惹句がついてもおかしくはない。

ところが、この2人が同年齢ということも、またちょっと不思議な感じがする。

実は世に出たタイミングは2人とも近い。ビートルズのデビューは1962年だが、その2年前にポリーニは18歳でショパン国際ピアノコンクールに優勝している。ちなみに5年後の優勝者はアルゲリッチだ。

ビートルズが解散するまでの活動について今さら書くことはないが、この頃のポリーニは表立った活動をしていない。1968年にショパンのアルバムを出しているが、その後本格的な録音を始めるのは、ストラヴィンスキーの「ペトルーシュカからの3楽章」で世の度肝を抜き、ショパンの練習曲集で世評を確立した。

つまり、マッカートニーは20代にして頂点を極める一方、ポリーニは30を前にして本格的に世に出ることになる。 >> ポリーニとマッカートニーは同じ歳だったんだなぁ。の続きを読む



IMG_1560府中市美術館の「ファンタスティック~江戸絵画の夢と空想」という展覧会は、最近の日本画展の中でも企画力において素晴らしかったと思う。まさに「ファンタスティック」だ。

展覧会と言えば、有名な作者や作品を目玉にすることが人気に直結する。一方で、テーマを適切に選んで、その世界観を組み立てていくのは難しい。

山種美術館で2年ほど前におこなった「Kawaii(かわいい)日本美術」などは印象的だったが、若冲の「樹花鳥獣図屏風」など大物もやってきた。

今回の展覧会は、そうした大物がいるわけでなはいが、中身は濃いし、発見がある。いい意味で、「勉強する」にも適しているし、楽しみもある。

前後期で全点入れ替えで、前期のチケット半券を持参すると半額になるというので、とっておいて再訪した。図録も買ったが、それも含めて自分にとっては珍しい。
日本絵画の様相をつかむのに重宝すると思ったし、読み物としての水準が高いと感じたのだ。それは館内の解説で感じた。作品の説明だけではなく、見るものに静かな「問い」を発しているのである。

図録の内容に沿って、展覧会を振り返ってみよう。 >> まさにファンタスティック!府中市美術館の企画力の続きを読む



polマウリツィオ・ポリーニ ピアノ・リサイタル

2016年4月16日 19:00 サントリーホール

シェーンベルク:6つのピアノの小品 op.19

シューマン:アレグロ ロ短調 op.8/幻想曲 ハ長調 op.17

ショパン :舟歌 嬰ヘ長調 op.60/2つのノクターン op.55/子守歌 op.57 /ポロネ

ーズ第6番 変イ長調 op.53 「英雄」

【以下アンコール】

ショパン:エチュード op.10-12 「革命」/スケルツォ 第3番嬰ハ短調 op.39/ノクタ

-ン 変ニ長調 op.27-2

================================================================================

会場に着くと案内が配られており、曲目の変更があるという。川崎でシューマンをキャンセルしてドビュッシーにしたというので一瞬ドキリとしたが、ブーレーズの追悼としてシェーンベルクを演奏するということだった。

19時を過ぎる。ポリーニはなかなか出て来なかったりすることもあり緊張が高まるが、5分ほどで登場してシェーンベルクから。

一貫した印象だけれど、ピアノの音が柔和に感じられる。調律を含めた音作りの志向かもしれないが、「彫像のような」と評されたイメージとは異なる。もっともそうした言葉の選び方自体、批評としては安易だったのだろうと今になっては思う。

もっとも楽しみにしていたシューマンだったが、川崎での変更もややわかる気がした。どこか緊張が残っていて、硬い。これだけのキャリアでも、そうした緊張感が持続していることも驚異だが、2楽章までは聴きながらもどこかしっくりこない感じもあった。

ところがフィナーレになって、紡ぎだされた響きの美しさは優しく濃やかだった。行ったこともないのに「天国的」という表現をする人がいるけれど、その気持ちもわからなくはない。

休憩でロビーに出ると、若い女性客同士が「疲れたぁ」と話していた。たしかにポリーニのリサイタルは客も緊張するところがある。 >> 孤高だが孤独でない。幸福なポリーニの夜の続きを読む



ここ何年か「渋谷に福来たる」という落語イベントがある。セルリアンの裏手にある大和田のホールを2つ使ってやるのだが、第一線の噺家が揃う。土日の間に、計8つの公演があって、今回は2度足を運んだ。

2日の夜は、柳家喬太郎、林屋彦いち、春風亭昇太の3人が一席ずつ。このイベントは、冒頭に出演者のトークがある。3人ともかつての「SWA」の仲間だけあって、こなれた感じで、その後に柳家小太郎の「のっぺらぼう」で幕開け。

喬太郎は「寝床」、休憩をはさんで彦いちは「遥かなるたぬきうどん」、昇太は「愛宕山」という流れ。この愛宕山は後半に昇太の創作による続きがあって、結構にぎやかになる。

3日の夜は、柳家三三と、桃月庵白酒の二人会。トークは10分足らずで、すぐに白酒の「風呂敷」から三三の「不孝者」と続く。休憩を挟んで、三三の「元犬」から白酒の「井戸の茶碗」でお開きとなった。

この二人会はとても楽しめたのだが、それぞれが達者なことに加えてバランスがよかったこともある。前半は男女の機微を描いた話だが、白酒が軽く入って、三三はしっとりと。

後半は三三が滑稽に犬を演じて、白酒がテンポよく噺をすすめる。 >> 「喬太郎・彦いち・昇太」と「三三・白酒」を渋谷で。の続きを読む



cedricセドリック・ティベルギアン ピアノリサイタル

2016年3月28日19:00 ヤマハホール

 

モーツアルト/ピアノソナタ 第14番 ハ短調 K.457

ベートーヴェン/ピアノソナタ 第21番 ハ長調 「ワルトシュタイン」Op.53

ショパン/24の前奏曲 Op.28

(以下アンコール)

ドビュッシー/前奏曲集 第1集 6番 雪の上の足跡 同/前奏曲集 第2集 12番 花火

同/前奏曲集 第1集 10番 沈める寺

 

==================================================================

日曜の夜に、「なんか明日にもで軽く室内楽系のコンサート行きたいな~」と思っていろいろ調べてたら、ヤマハホールでいい感じの企画があったので行くことにした。予約画面から座席選択画面を見たら2階最前列が空いている。

ティベルギアンは何度も来日しているようだが、聴くのは初めてだ。ちなみに新装したヤマハホールに行くのも初めてである。舞台上にはヤマハのコンサートグランドだ。

長身で黒いシャツに、軽い色のジャケットとパンツでスッとあらわれて、まずモーツアルト。柔らかい音楽づくりだが、長い休符の後に、独特の間があって次の音へとつながる。どこかで聞いた感じだな、と思ったけれど、シューベルトのソナタのようなのだ。自在で闊達で、歌が溢れている。

フィナーレは、よりカチッとまとめている印象だった。

ベートーヴェンになると、明らかに神経質になっている。モーツアルトの時よりも背をかがめて鍵盤を凝視するようにして、ワルトシュタインの和音が鳴り始める。 >> 自在で闊達、また聴きたくなるティベルギアンのピアノ。の続きを読む