2016_0724SP&0725B_sai-nyuko東京都交響楽団公演「都響スペシャル」

指揮:アラン・ギルバート

2016年7月24日 14:00

モーツァルト:交響曲第25番 ト短調 K.183(173dB)
マーラー:交響曲第5番 嬰ハ短調

 

さまざまなクラシックの曲の中で、「この一瞬がゾクゾクする」というのは、人によって違うと思うんだけど、自分の中でもっとも好きなところの1つが、マーラーの5番のフィナーレに入るところだろうか。

ホルンの動機からファゴット、そしてクラリネット、やがて弦楽器が厚い音を奏でるまでの独特の解放感がたまらない。

霧の中から、黄金色の光が差してくるような一瞬だ。

ただこの日の解説にも「勝利」という言葉が使われているが、どうもそれには違和感がある。

ベートーヴェンのような凝縮感のあるフィナーレとは対極で、さまざまなモチーフが明滅するように現れてくる。何色もの糸が気ままに放り出されていくようで、気がつくと絶妙に編みあがっていくような構成とオーケストレーションも素晴らしい。

今日も、その一瞬を想像しながらホールに行ったが、驚くほどにいい演奏だった。

この日のギルバートの音作りは、弦を基盤にしてキッチリとアンサンブルを積み重ねていくアプローチだった。大向こうをうならす「爆演系」ではないけれど、気がつくとフィナーレの最後では相当の盛り上がりになっている。

オーケストラの主体性を引き出していく音作りで、長いフレーズでゆったり歌わせる。管楽器の能力をきちんと引き出すから、トランペットやホルンも相当の水準だった。単にうまいのではなく、歌が聴こえてくる。

直前に予定が空いてフラリと行ったのだけど、それでこういう水準の演奏が普通に聴けるというのは、東京の楽壇って層が厚くって質が高いんだなと改めて思った。

一曲目のモーツアルトの集中力で、いい演奏会になりそうな予感があったけど、アラン・ギルバートはニューヨークフィルも円満退任のようだし、都響が定期的に演奏できればなあと妄想する。彼のように、音を積み上げるタイプの指揮者は日本のオーケストラの潜在能力を引き出すと思うのだ。

夏休みでコンサートが少なくなる前の、いい出会いだった。



昨夜、落語会に行った。柳家喬太郎と柳家三三の二人会だった。

前半は三三から喬太郎、後半は逆になる。

三三は枕もそこそこに「締め込み」だが、夫婦のやり取りがスピーディで、言葉の端々までよく練られている。彼の得意な持ちネタだ。

続いて、喬太郎はウルトラマンあたりのネタを長々と話してから「擬宝珠」と言う流れ。これがまた結構変わった話で、彼以外に現在は演じる人はいないのではないだろうか。普通の解説本にはなく、東大落語研究会の「落語事典」にはある。江戸時代安永の頃に原形があるようだ。

中入りを挟んで、喬太郎は新作の「純情日記渋谷篇」で、三三は季節外れの「夢金」と言う流れでお開きだった。

この日もそうだが、喬太郎の舞台がどうも気になる。それは、あまりいい意味ではない。

元々が相当に達者な人だと思う。古典は何をやってもうまいし、圓朝の作品などはたまげたことがある。三鷹の井心亭で聴いた時などは本当に引き込まれた。

一方で、最近の落語会、ことにこうしたホールでは首を捻ることが多い。なぜか妙に力んでいるのか、この日も枕でのウルトラマン話が延々と続くのだが、どこかくどい。落語にしては広いホールだがよく響く杉並なので、時に喧しくなる。噺に入ってからもその傾向は同じだ。

そして、新作なのだけれど、残念なことにこれもまた力で押す感じだった。客席は沸いているが、先は読めるしオチも見える。 >> 柳家喬太郎は迷っているのだろうか。の続きを読む



gab2アレクサンダー・ガヴリリュク ピアノリサイタル

2016年7月12日 19:00 ヤマハホール

シューベルト:ピアノ・ソナタ第13番 イ長調 Op.120,D664

ショパン:幻想曲 ヘ短調 Op.49/ショパン/夜想曲 第8番 変ニ長調 Op.27-2/ポロネーズ 第6番 変イ長調 「英雄」 Op.53

プロコフィエフ:ピアノ・ソナタ 第3番 イ短調 Op.28

ラフマニノフ:練習曲集 「音の絵」 Op.39より  第1番、第2番、第5番、第7番、第9番

.バラキレフ:東洋風幻想曲 「イスラメイ」

(以下アンコール)

シューマン:子供の情景 Op.15-1 第1曲 見知らぬ国と人々について
フィリペンコ:トッカータ
シューマン:子供の情景 Op.15-7 第7曲 トロイメライ
メンデルスゾーン=リスト=ホロヴィッツ:結婚行進曲と変奏曲
ラフマニノフ:楽興の時 Op.16より 第3番

=============================================================================

単に「うまい」ということはもちろんなんだけれど、全体にゆとりがあって、心地よく聴いていられることが、ガヴリリュクの最大の魅力だと思う。

スーツ姿ででゆったりと構えて、少し神経質そうに眼鏡を拭いて、おもむろに弾き始めるといきなり別世界が広がる。姿は端正で、妙なアクションはないが出てくる音楽は絶品だ。

シューベルトはきれいに歌い、ショパンは多彩な音色を響かせる。

後半のロシア系作品は、激しく情熱的だが、「これでもか!」という嫌味がない。

ダイナミックレンジが相当広いが、演奏効果を狙っているのではなく、とても自然だ。

最後の「イスラメイ」からアンコールになだれ込み、フィリペンコのトッカータ辺りで唖然とさせる一方、シューマンでは客席を魔術にかけたような調べを奏でる。

そして、ガヴリリュクは相当ホロヴィッツを意識している、というか好きなんだろうなと思う。メンデルスゾーンの結婚行進曲と変奏曲は、ホロヴィッツが自ら編曲して十八番にしていたが、「イスラメイ」も録音が残っている。

また、アンコールにトロイメライをスッと挟み込むのも、ホロヴィッツの得意技だった。ユジャ・ワンやランランも、ホロヴィッツ編曲の作品をアンコールで弾いているが、この世代は本当にホロヴィッツの影響を強く感じる。

ホロヴィッツの呪縛は相当強く、彼を目指して破綻したピアニストは多いという。そして、死後四半世紀が経って、「曾爺さん」の遺産を軽々と弾くようになった。スポーツ記録のように数字に表れるわけではないが、ピアニストのスキルはもの凄く上がっているように感じるし、ガヴリリュクのような演奏を聴けることが本当に幸せで、来日したら、次もぜひ行きたいピアニストだ。

もう、うまいのは当たり前。彼のピアノを聴くと、幸福な気持ちになれるから。



61cO4XkCVfL暑い週末だった。不在者投票を済ませて、そのまま自宅に籠って仕事などをしていたが、さて音楽を聞こうと思っても、すべてが暑苦しく感じる。

とはいえ、バロックの「リコーダーアンサンブル」とか聞いても、「夏バテには素麺」みたいで、これはこれで虚弱になるような気がする。

そもそも弦やボーカルも暑苦しいので、行き着く先はピアノ辺りだろうか。そうなると、軽くてきれいな「無言歌集」は、ちょうどいい。

メンデルスゾーンの傑作で、自ら弾いた人も多いかもしれない。ただ、全曲集のディスクはあまりない。第8集まであってそれぞれが6曲だから、全部で48曲になる。本を読んだり、仕事をしながら聞くことが多いけれど、ふとページをめくる手を止める時が幾度とある。

第5集の3曲目は「葬送行進曲」だが、これは有名な「結婚行進曲」を反転させたようになっている。「タタタターン」といういわゆる「運命動機」だ。マーラーの交響曲5番を聞いて、「結婚行進曲のマイナー版」と感じる人が多いようだが、既にメンデルスゾーン自身が書いていて、マーラーはここを参照したように感じる。そして、3曲先には、有名な「春の歌」となる。

個人的に好きなのは、第2集の3曲目の「慰め」かな。とある教会の礼拝前に、オルガンで奏されていた。「讃美歌30番」としても知られているが、ピアノの素っ気なさがかえってしみじみとした抒情を感じさせる。

バレンボイムは、こうした小品を弾く時のセンスがとてもいい。ちょっと突き放したくらいの演奏だから、全曲を聴いてもまったく飽きが来ない。

スマートフォンにダウンロードしたり、クルマで聞いたりと、身近に携えていたい曲集だと思う。

もちろん、暑い日じゃなくても、十分に楽しめるし。



41Vw-Q7c1wL気がついたら、夏至も過ぎている。

日本では、夏至だからといって何があるわけでもない。おおかた梅雨のことも多いので、その陽の長さを満喫しきれないことも多いだろう。

冬至はクリスマスも近く、それは意図的なものとも言われているし、日本でも柚子湯とかの習わしがある。

欧州だと、夏至はそれなりの節目のようだ。「真夏の夜の夢」は、シェイクスピアの脚本やメンデルスゾーンの音楽で有名だが、この「真夏」という訳語はもちろん議論の対象になった。

もっとややこしいことに、内容自体は五月祭を舞台にしているので話はちょっとこじれる。ただし、欧州ことに北部では夏を迎えた大騒ぎというイベントは伝統的なのだろう。短いが、ずっと明るい白夜の季節でもある。浮かれたくなるのも、よくわかる。

もっとも、今年の欧州のように「夢であってほしい」と思う年もあるのだろうけど。

スウェーデンの作曲家、アルベーンに「夏至の徹夜祭」(夏の徹夜祭り)という曲がある。スウェーデン狂詩曲の第1番なのだが、この作曲家はこの曲しかしらない。

というか、デュトワ=モントリオールの「ラプソディ!!!」というアルバムを聴いて、初めて知ったのだ。 >> 夏の夕暮れに最高の一枚。デュトワとモントリオールの「ラプソディ!」の続きを読む