ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団演奏会 
指揮:マリス・ヤンソンス
アルト:アンナ・ラーソン
合唱:新国立歌劇場合唱団・TOKYO FM少年合唱団
11月21日 18時 ミューザ川崎シンフォニーホール
マーラー:交響曲第3番 ニ短調
=================================================================
結局、このブログもウィーン・フィル以来となってしまったけれども、年内にコンサートのことは書かないだろうと思う。間もなく「第九」の季節なのだけれど、あれを年末に聞くという気にならないからだ。
ネルソンス=ウィーン・フィルから三週間。師匠の振るコンセルト・ヘボウの響きを聴いて、とりあえず思いついた言葉が「亀の甲より年の功」というのは、我ながらひどいと思うのだけれど、演奏家ことに指揮者というのは「絶対年齢(経験値)」がそれなりにモノをいうのである。
ヤンソンスの指揮は、テンポ設定やバランスさらにそのアクションも含めてきわめてオーソドックスだ。ここ数年日本には、コンセルトヘボウとバイエルン放送交響楽団を交互に引き連れて、毎年やってくる。そして、僕も毎年のように聴いている。
おそらく「日本で最も心待ちにされている指揮者」なのではないだろうか。
誠実で、真っ当であるがゆえに何かの刺激を求めている人には物足りないかもしれない。また作曲者の意図を徹底して掘り下げてスコアを読むかというと、そういうわけでもない。それでも、彼の音楽を聴きたくなる理由が改めてわかった。それは、指揮者とオーケストラが音楽を奏でる場に「立ち会える」喜びに他ならない。

>> 「立ち会う」という喜び~ヤンソンスのマーラー。の続きを読む



ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団演奏会 
指揮:アンドリス・ネルソンス
トロンボーン:ディートマル・キューブルベック
11月1日 19時 サントリーホール
モーツアルト:交響曲第33番 変ロ長調 K.319
アンリ・トマジ:トロンボーン協奏曲
ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 B178「新世界より」
アンコールについてはこちらを参照。
==================================================================
新世界というのは難儀な曲であり、ウィーン・フィルとは厄介なオーケストラだと思った。
新世界をプロの生演奏で聴いて、素直に感動した経験がない。「聴かせる」という点では、かなり難儀な曲なのだと思う。ベートーヴェンが第5交響曲で編み出した「苦悩から勝利へ」というストーリーでもなく、かといってサラリと流せるわけでもない。
むしろ印象的なのはアマチュア・オーケストラの自己陶酔的な演奏が妙な感動を呼ぶことがあるくらいだ。
この日の演奏も、この曲の難儀な雰囲気がよく現れていた。随所に、というか最初から最後までウィーン・フィルらしい響きは堪能できるのだけれど、音楽に没入しきれず、どこか冷めたままエンディングを迎えてしまった感じもある、
それは、また指揮者と楽団の関係も影響しているのかもしれない。
ネルソンスは、ヤンソンスの弟子でありラトヴィアの名門「ソンス一族」という出自である。というくだらない嘘を書きたくなるほど、指揮姿はヤンソンスを髣髴とさせる。やや高めの打点、熱のこもったときの上半身の激しい揺さぶり。
ただし、その熱がオーケストラとコミュニケーションできているかというと、やや疑問が残る。彼の打点は明確のようでいて、肝心のところが「スルスル~」と抜けたようになる。結果として管楽器のアインザッツが乱れたりする。
終楽章のホルン・ソロで高いEがよれたのも、棒と無関係とはいえないように思う。つまり呼吸があっていないのだ。
そして、こうした若手の指揮者に対するウィーンフィルの振る舞いというのが、これまた厄介なのである。

>> 難儀な「新世界」と、厄介なウィーン・フィル。の続きを読む



ヴッパータール交響楽団演奏会 
指揮:上岡敏之 
10月18日 19時 サントリーホール
モーツアルト 交響曲第28番 ハ長調 K.200
マーラー   交響曲第5番 嬰ハ短調
==================================================================
いろいろと評判の指揮者だったのだが、たまたま聞く機会に恵まれた。
最初のモーツアルトでまず棒さばきに目が行った。細かく拍を刻まずに、オーケストラと歌うようなスタート。時折、弦楽器のハーモニーが、思わぬ厚みを見せる。また木管やホルンの響きも、劇的でかつ美しい。ここまで聞いた印象では「自然な音楽をつくる指揮者」というイメージで、後半が楽しみになる。
ところがマーラーは全く想像しなかった音楽だった。
表面的な面でいうと、テンポの緩急が意外なところで動く。また、低弦や内声の強調、ピッツカートなどのアクセントなどが大きなアクションとともにいやでも目立つ。
そして、マーラーの混沌とした思念をぶつけているかというと、フィナーレを聞き終わった時には、比較的爽快な印象が残る。コンサートとしてはとてもいい体験だったのだけれど、後から思い出すと「どうしてああしたいのか」が何だかスッキリしない面もある。
とはいえ、彼の指揮をまた聞きたいか?というと「聞きたい」と迷わず答える。つまり気になるのである。
指揮者をシェフにたとえるのであれば、彼はあえて肉の内臓まで使った料理が得意なタイプなのだろう。

>> 意外性と悪趣味の境界線~上岡敏之というシェフ。の続きを読む



(2010年8月17日)

カテゴリ:見聞きした
タグ: ,

柳家小三治独演会 8月12日 18時30分 
きゅりあん(品川区立総合区民会館)大ホール
だくだく 柳亭燕路
品川心中 柳家小三治
(仲入り)
粗忽長屋 柳家小三治  
*******************************************************************
小三治は春先に三鷹で聞いて以来である。
落語を聞くようになって、といってもずっと聞き込んでいるわけではないのだけれど、25年くらいはなるのだろうか。父が「つまらなそうに話すんだよ」と言っていたことを覚えている。
もちろん「つまらなそうに話す」ことと「話がつまらない」ことは同じではない。十分に面白いのだけれど、ほぼ同世代には志ん朝というスターがいた。無理に比較することはないと思うけれど、いろいろな意味で「実力派」と評されやすいことも事実である。
きゅりあんというホールは、開館当初に芸大の打楽器科のコンサートを聞いた記憶がある。ひと言でいうと、過剰な反響があってパーカッションでは飽和気味だった。
あらためてホールを見て思ったのだが、客席はワンフロアなのだけれど天井が妙に高い。ワオンワオンと音が回る。燕路の「だくだく」も軽快でよかっただのが、この反響のせいで聞きとりにくくなったことがあった。
小三治が語り始めると、そうしたことが全く気にならない。発声からマイクの使い方までホールのクセをつかんでいるのだろう。
例によって、ゆったりと枕を語りつつも今日は少々ギアの入り方が悪いように感じたのだが、段々と乗ってきて「品川心中」へ。言葉の解説などをていねいにしながら、もう一段ギアを入れて、話が後半になだれ込んだあたりには、もうたっぷりと楽しむことができた。
中入り後は枕も軽く、「粗忽長屋」。これにはあらためて驚いた。
粗忽者が二人出てくる軽めの定番のネタではあるが、名人が演じるとここまで違うのかと驚く。何ていうのか、普通の家庭料理、たとえば「肉じゃが」のようなものを一流の板前が作るとこうなります、というような感覚である。
落語の「粗忽者」、とりわけ「粗忽長屋」の二人というのは「居そうな人」ではない。明らかに「いるわけがない人」なのだ。だから、この二人が現実からまったく遮断されながら、普通に会話をして、淡々と進行しているところが面白いのである。
うまくない噺家だと、「ホラ粗忽者でしょ」と自分ではしゃいでしまうのだ。
「落語とは笑いだけの芸ではない」ということで、大作の人情噺を演じることが評価の基準になっているような空気も一部にはあるようだけれど、こういう噺で素直に楽しめるという時間が一番好きだ。
あまりに暑いのでクルマで行って、サッサと帰ってしまったのだが、なんか勿体ない気がした。



(2010年7月22日)

カテゴリ:見聞きした
タグ: ,

東京宝塚劇場公演 宙組
グラン・ステージ「トラファルガー」
グランド・ショー「ファンキー・サンシャイン」

===============================================

想像以上に暑い。梅雨が例年になく「ガッチリ」していて梅雨前線もしっかりしていたが、こうした年の夏は暑くなる(ことが多い気がしている)。天気図を見ても週末までは太平洋高気圧がドッシリ構えていて、かなりの暑さが続きそうだ。

日本では天候のメリハリが消費に直結するので、飲料やエアコンなどの業界には久々の追い風だろう。もっとも、一昨年のように8月に入ってから天候不順になったケースもあるのでなんともいえない面はあるけれど。

昨日は自分にとっては実質的には休日扱い。週末でも働くときは働くので、こうした昼公演の芝居や落語を見る日は、前々から終日空けておく。普通だったら昼前から銀座に行ってゆっくりするのだけれど、この暑さで昼飯まで家にいて、地下鉄に乗って逃げるように劇場に入った。

「トラファルガー」はネルソン提督の勇猛でダイナミックなストーリー、ではなく基本は「不倫話」である。ネルソンの功績は知ってはいたけれど、不倫が史実だったとは知らなかった。タイトルが有名な海戦だし、宝塚では青池保子の「エル・アルコン」を舞台化していたので、そのあたりのギャップはあったかもしれない。

つまり、想像以上に陸地のお話で、ややイメージが違ったかな。とはいえ、構成自体はしっかりしていて、それなりに楽しめる。この舞台ではネルソンは女性に対して堅物で、不倫相手の夫人はクレバーに描かれているけれども、あとで調べてみるとそういうわけでもなさそうではあるけれど。

この舞台ではトップの大空祐飛がネルソンを、二番手の蘭寿とむがナポレオンを演じる。(しかし宝塚の名前は変換が大変)改めて思ったのだが、世界レベルでの後世への知名度はナポレオンが圧倒的だけれど、この戦いで勝ったのはネルソン。

考えてみるとナポレオンは英雄ではあるものの、フランス以外では相当の嫌われ者だったのだろう。ハイドンの「ネルソン・ミサ」は、ネルソンの勝利(ナイル海戦)にちなむし、ベートーヴェンは「英雄」をナポレオンに献呈しようとしたが、皇帝就任の報に怒ってやめてしまう。チャイコフスキーの「1812年」はナポレオン軍の敗走とロシアの勝利を描いているが、国歌をあそこまでケチョンケチョンにした曲は珍しい。

ナポレオンを称えたアーチストは、「戴冠」「アルプス越え」を描いたダヴィッドは思いつくのだけれど、彼はお抱え画家。いったいナポレオンとは何だったのだろうか。

ちなみに自分が子どもの時に好きだった伝記は「エジソン」と「ナポレオン」だった。夏休みにナポレオンのことを描いた本でも読んでみようか、とそんな風に興味が移るのも芝居の楽しみではある。