もちろん冷静な意見も多いとはいえ、「自粛」のムードが広がっている。単に「不謹慎」という精神論だけではなく、今回は「電力節減」という物理的な大義名分ができつつあるのでややこしい。
しかし、この節電という名分も怪しいものがある。東京ドームのナイターは6000世帯分の1日分の電力だという。「その程度で済むのか」と思った。
そもそも5万人くらい来るのだから、おそらく万単位の世帯が不在になる時間ができる。一箇所に人が集まる方が効率はいいのではないか?
そう、結局節電も精神論になりつつある。合理的に考えないで象徴的なイベントにしわ寄せがいく。プロ野球も両リーグにコミッショナー、そして選手会がそれなりに考えていたのに、文部科学省や政治家が入ってきてややこしくなった。
とにかく「エンタメ狩り」を止めた方がいい。日本、特に首都圏はサービス業の割合が高いし、エンタテインメント産業にかかわる人も多い。多額の義捐金を寄付できる有名なスポーツ選手やアーチストはごく一部だ。災害時に「不謹慎」で止められてしまうような仕事にかかわる人の裾野はかなり広い。外食だってそうだし、流通も同じだ。
実は「不要不急」の行動が、多くの人の仕事になっているのだ。
「人を楽しませる仕事」を支える無数の人々の仕事を奪ってしまうことは、本末転倒だ。日本では、そうしたエンタテインメントの仕事にかかわる人が増えた。それは日本がずっと平和だったからだ。
こんなことが続いたら、「喜怒哀楽」ではなく、「怒哀」だけの社会になる。それがいかに恐ろしいかは、誰だってわかるはずである。

■将来の電力供給も含めてリポート「震災後の生活と新たな機会」を書いた。こちらからお読みいただけます。



たしかに、スーパーに行くとモノがない。買いだめしている人が多いという。
でも、少なくても自宅近くの複数のスーパーを見れば「普通にメシを作る」ことは問題ない。米やミネラルウォーター、さらにパスタやレトルト、カップ麺などの「非常食」は消えたけれども、慌てる必要はないだろう。肉や魚、野菜などは十分にある。
水も500ccはコンビニでもあるし、実は自販機のミネラルウォータはどこも売り切れていない。米は回復した。牛乳や乳製品などは一時的に品薄だが、これは北関東からの物流の影響だろう。
ガソリンも、別にオイルショックじゃないんだから。
そもそも、ついこの間まで日本の悩みは「需要不足の供給過剰」だったのだ。何も焦ることはない。
と、アタマではわかるのだけれども、やはり不安だろうなと思う。高齢者の人が一人で来ては買い込んでいる姿を目にする。彼らを批判するのは簡単だろうが、少し想像すれば、同情的にもなる。
あれだけの揺れがあって、テレビでは大騒ぎ。店に行けば品薄。もちろん放射能が「○倍」と言えば、それだけでビビるだろう。
こういう時に「生のコミュニケーション」がないのはきつい。実際、商店街で買い物をすると安心する。市場の様子などを教えてもらえるから、「ああ、大丈夫だな」という気になるのだ。ひとり暮らしの高齢者がテレビをずっと見ていて、いきなりスーパーに行ったら、そりゃ焦るのではないだろうか。
生のコミュニケーション、と言っても同じような人だけと話していると、やはり不安は増幅する。妹の話を聞いても、子どもを持つ主婦どうしは、どうも不安が掛け算になっている。彼女の夫は米国人なのだが、どうやら日米をまたいで彼らのソサエティで飛び交っている情報も、原発がらみについてはかなり暴走しているようだ。ちょっと面白過ぎて書かないけれど。
一方で自分も出入りしている高校時代のオーケストラOBのSNSは、その手の専門家もいれば、現地で被災しつつ奮闘している医師もいて、僕にとっても安心できる空間になっている。
被災地も孤立してしまう一方で、都市の中にも、高齢者を中心に孤立している人がいる。それも、また社会の課題なのだ。「買占めをやめよう」というメッセージも、表現によっては不安を増幅するかもしれない。
心が安定している人が、行動や言動においても安定していることが、世の中全体の安定になるはずなのだ。
普通に暮らそう。もちろん、それが困難なことは承知しているが。



想像以上の災害状況を知り、被災地の方々は本当にお気の毒に思う。何ができるか、ということはまず義捐金だと思うし、一方で首都圏の我々が「しっかり仕事をする」ことで経済を回して行くことが大切だと思っていた。
というか、今でもそう思っているのだけれど、ここに来て電気供給がかなり深刻になってしまっている。計画停電の混乱については、情報発信を中心に東京電力の問題を指摘するのは簡単なのだけれど、それはあえて書かないし、現在はあまり意味がないことだと思っている。
ただし、「停電していないのに混乱した」内容の殆どは交通に関するものなのだから、ここを安定できれば、ビジネスは一定の回復をしていくと思う。
我が家でもいくつかコンセントを抜いたりしている。低層階なのでエレベータも控えている。パソコンは夜間に充電すれば、日中はラップトップで対応できる。
で、やはり単純な行動として、もうテレビは消していいのではないだろうか。
発生直後の報道は貴重な情報であったが、今朝の民放は通常の枠で、どうでもいいコメンテーターの、どうでもいいお話の垂れ流しになっている。
節電を呼びかけるなら「まずテレビを消しましょう」でいいのではないか。定期的にネットを見たり、緊急情報が必要ならラジオで十分ではないだろうか。
被災地の状況を知ることは大切だけれど、それを見続けて被災者以外の心理が必要以上に悪化しては意味がない。自分自身も、テレビを切ったら少し気持ちが変わってきた。
節電と、自己管理の両面からも、まずテレビを切ってみることから始めてみてはどうだろう。



(2010年12月8日)

カテゴリ:世の中いろいろ
タグ: ,

モバゲーに公取委の検査が入ったようだ。事実であれば、よろしくないことは確かなのだけれど、「ああ、やっぱり」的な感覚である。いや、現場の状況に詳しいわけではないんだけれど、携帯ゲームの企業には少々greedyな印象がある。もしかしたら「怪盗ナンタラ」のイメージがあることからの先入観かもしれないけれど。
しかし、モバゲーにとってはかなりタイミングが悪い。何とも叩かれる素地がそろっているように思うのだ。昨日の新聞でもテレビCMの放送回数で携帯ゲーム二社が2位と4位に入っていると報じられていた。また、収益力の高さも注目されている。
それでいて、課金システムなどについての巧妙さについてやっかみ半分の批判もあったり、「下流喰い」という人もいる。さらに釣りのゲームを巡っての訴訟など、まあ何というか「あまりお行儀のよくない」感じがあったわけだ。
ちなみにこの「お行儀がよくない」という表現、金融界の人がかつての関西財閥系銀行のことを評するのによく使っていた言い方である。
この「叩かれる潜在文脈」を持っていたという点において、この一件、エビ蔵と何とも似ている。彼だって、「あまり好かれていないけれど正面切って文句は言いにくい」タイプだったのだ。だからこそ、あれだけの祭りになる。出てくるネタが突っ込みどころ満載だし。
その一方で「出る杭を叩く」歴史がまた来たのか、という印象を持つ人もいるだろう。そう意味では、「どこかで見た風景」と言えなくもない。
もっとも「公取委が検査に入った企業のゲームなんかやれるか!」という人がそれ程いるわけでもなし。ニュースの意味がわからんユーザーも多そうだし。ただしビジネスの世界におけるポジションは、下がるだろうし、人材採用などにはジワジワ影響が出るだろうと思う。
しかし、あれだけ出稿の恩恵を受けているテレビ局にとっては「自粛」されたらたまったもんじゃないだろ。「それはエビだけでいいから」が、局のお願いだろうなあ。



144-Summer_Times_by_pycc_wallpaper.jpg

とりあえず、夏休みな感じである。涼しいところから東京に戻ってきて、明日からは近くのホテルで冷房三昧の予定だ。読書と次作の単行本のノート作りになるだろう。
で、話は変わるのだけれど、情報で人の生活は本当に変わるんだろうか。あるいは、幸せになるのだろうか。
最近になって、急速にそういう感覚になってきた。
マーケティングやコミュニケーションの仕事をしているので、あまり大きな声では言えないのだけれども、個人的にはそんな感じなのだ。
i-padが大騒ぎになったり、i-phoneユーザーが身近で増えてきたのに、何だか全く興味が湧かない。twitterも熱心ではないし、facebookは漫然と「承認」をするだけ。この週末もダイアルアップ環境だったので、メールをやり取りする以外に特にネットも見ない。
フォースクエア(foursquare)というサービスに至っては、自分にとっては全く関係ないものに見えてくる。そもそも自分の居場所を人に教える気がないので、そもそもターゲットじゃないんだろうけど。
友達とつながって一人ランチをしなくてもすむ、とかいう記事を読むと、ますます意味がわからなくなる。いや、それに意味を感じる人もいるからサービスが成立するのだろうけれど。
いつも思い出すのだけれど、入社直後に担当したとある外資系コンピュータ企業の方がしみじみと言っていた言葉がある。
「結局、コンピュータが普及しても忙しくなるだけです」
それは広告の主旨とはまったく違うんだけれど、この人はとても覚めていたのだ。しかも理由が明確である。
「コンピュータは一時的に仕事をラクにするかもしれないけれど、コンピュータの”おもり”が大変になるんです。結局、気がつくとコンピュータに働かされる」
この頃は、当然パソコンは普及していなかったし、「そんなものかな」と思いつつ、とても印象に残っている。

>> 夏休みに「情報化」を疑ってみる。の続きを読む