サッカーが厳しいことになっている。2試合を終えた日本代表だが、勝敗以上になんか「?」と思っている人も多いだろう。

あまり技術的なことはわからないんだけど、僕が気になっているのは、選手たちがよく口にする「自分たちのサッカー」という言葉だ。

初戦を落とした後に、長谷部が「自分たちのサッカーが表現できなかった」と言った時、ちょっと、違和感を感じた。フィギュアスケートの選手みたいだな、と。でも、他の選手も「自分たちのサッカー」という。ギリシャ戦の後にザッケローニ監督も「われわれのサッカーを部分的にはできたと思う」と言っているようだ。

一方で、この言葉に内田が違和感を持っていたという記事もあった。

で、僕が感じたのは、もしかしたら、日本チームは「自信」と「自我」をどこかで混同しているのかな?ということだ。

いや、いきなり理屈っぽくて申し訳ない。

スポーツのような勝負ごとにおいて「自信」を持たせることは必須だ。いまの日本代表においても、その点は成功しているのだろう。ただし、「自我」が肥大してしまうと問題が起きる。自分らしさにこだわったことで、負けることもある。

ビジネスでもそうだ。「自社らしさ」に拘泥して、競争に負ける企業はたくさんある。自信が高じて、自我が増長したパターンだ。

一方で自信を失った時に、自我が大切なこともある。ある人が、そりの合わない上司とぶつかって仕事を干されたとする。そういう時こそ「自分らしく生きればいいじゃないか」と、自我が支えるだろう。試験に落ちるとか、異性にふられるとか、同じこだ。とある勝負に負けても、人の一生はそれだけでは計れない。もっとも、自我を捨てても勝ちを取る人もいるだろう。

いずれにせよ1人の人間が、ずっと自信を持ち続けることは難しい。くじけた時こそ「自分らしさ」が支えになる。ただし、ワールドカップのように勝負自体が目的の世界で重要なことは、あくまでも「自信」を高い水準で維持することだろう。それが、どこかで自分らしさへのこだわりに転じて、その肥大化した自我が、そもそもの自信を押しつぶそうとしている。

それが、今の日本代表の状況なのではないか。次の一戦、「らしく」なくてもいいから、勝ちにいくゲームが見られれば嬉しい。健闘を祈っている。



連休明けで久しぶりに書くので、まあ軽い話。

連休中、久しぶりに「「蒙古タンメン」を食べた。それにしても、なんで蒙古なんだか。調べると、創業者が「モンゴルは寒いから辛い物を食べているのだろう」と妄想したらしい。

まあ、この手の、「地名勘違い」というか「地名思い込み」の食べ物は結構ある。

古典ではスパゲティの「ナポリタン」だろう。あれは代用品を通り越して、ある種“日本料理”になっている気がする。

神保町の名物「スマトラカレー」もどうなんだろう。

これも創業者が東南アジアを放浪して、スマトラで香辛料のブレンドを学んだことが由来らしい。ただし、いま出てくるのはいわゆる“日本のカレー”だ。インドネシア料理ではない。ポークもあるし。

そういえば名古屋のスパゲティで「ミラネーゼ」というものがある。いわゆる“あんかけスパ”で、ベーコンやハムが入っているのがミラネーズ。タマネギ、ピーマンなどが入っているのが「カントリー」。両方揃っているのが「ミラカン」となる。

何となく平坦なイントネーションで「ミラカン、ちょ」と注文できれば、名古屋弁一級と言った感じだ。ちなみに、小エビや野菜の黄金焼きがのっているのは「サンジェルマン」。もうこうなると、誰も由来を追求しない。

サンジェルマンは、サンジェルマン。それだけだ。

ちなみに画像検索で「ミラネーゼ」を調べると多くのおしゃれな男女に交じってスパゲティの映像が出てくるのが可笑しいんだけど、「ミラネーズ」にするとひたすらスパゲティ。

>> 蒙古タンメン、スマトラカレー、そしてミラカン。の続きを読む



僕はレストランで写真を撮ることはしない。特に考えあってのことではなく、出てきたものはすぐに食べたい、というだけの話だ。もっとも旅先で写真を撮ることも少ないし、とっても整理しないので写真自体に興味がないんだと思う。

レストランについての写真撮影は意見が分かれる。最近、ある有名レストランのシェフが「禁止する店があるなんて」と言ったことで、それがまた議論になっているのを見た。

僕は「ご遠慮ください」という店があれば止めればいいと思う。しかし、それが気に入らない人も多いようだ。

そういう声を見ていると「写真をSNSに載せてコメントをもらうことが最高に嬉しいのに」というようなものが結構ある。そういう人にとって、もう、レストランは食事をするところではなく、何らかの社会的承認を得るための場ということなのだろう。

メディアの変化は、人間の欲求を変形させるものなんだなあ、と。

ただ一方で、「迷惑かけなければいいし、店側に権利はない」というような理屈をこねる人もいるようだ。

>> レストランで、どうしても撮りたい人々。の続きを読む



昨日から大学の講義が始まった。

「現実」に即したマーケティングの話をするよ、というガイダンスをして、とりあえず消費増税と消費行動の話をした。

で、黒板に「逆進性」という文字を書いて聞いてみた。

「この言葉、聞いたことある人?」

100人足らずで見事に、ゼロ。とりあえず説明して、これが政策的には低所得者の負担増対策の議論になるし、マーケティングでは階層化対応の施策が必須だよねとか、ザックリ話しをした。説明すればすぐわかる。

「逆進性」を全然知らない、というと周囲には驚く人も多い。ただ、僕はそんなもんだろうと思った。学生が無知、というより普通の社会人でも知らない人が多いことを経験的に感じていたからだ。マーケティングなど、消費の前線にいる人でも結構知らない。

僕は大学三年の時に知ったけど、それはロールズの社会正義論とかをゼミで学んだからで、消費税もない時代には専門用語だったはずだ。

じゃあ、逆進性ってどのくらい一般的な「常識」なのか。そういうのって新聞とか読まないからか?と思って調べてみた。つまり「逆進性」で記事検索をかけてみたのだ。

どれくらいあると思います? >> 消費税の「逆進性」って常識?の続きを読む



(2014年4月2日)

カテゴリ:世の中いろいろ

表彰されることはないだろうが、「STAP細胞」は今年の新語としては相当パワーがあった。昨日の理研の会見で「一見落着」かと思ったら、小保方氏の「異議」などもあって、多くの人にとっては「よく分からない上に、どうでもいいこと」になっている気もする。

そもそも、このニュースは日本における「理系と文系の谷」を明らかにしてきたなと感じている。テレビというのは「文系視点」の極で“割烹着”などでヒロイン仕立てに熱心だった。一方で、ネットではこうした報道に懐疑的な意見も多く、ソーシャル調査という「理系視点」で議論がされていた。

そうした中での「疑義」が今回の記者会見につながってきたのだけれど、「STAP細胞があるのか」という肝心の点については「1年かけて検証」ということになった。つまり、相当の時間がかかる。これは科学の視点ではもっとも重要なことのはずなんだけれど、小保方氏の異議で、世間の関心はきわめて世俗的な方向に走ると思う。

この小保方氏の異議は「悪意の有無」が処分内容に直結するからこそ、出されたものだと思う。ただこれによってもはや、科学的に動向という段階ではなく、「わざとじゃいなもん、許してよ」的な情状酌量話をどう決着つけるかという法科・文系な話になってしまった。

ところが「人事上の懲戒」というのは文系の中でも、きわめて文系的というか訓告と戒告をどうするか、とか免職は厳しいかどうか、とかそもそもが曖昧だ。だからこそ、飲酒で懲戒を受けた公務員の裁判が後を絶たない。

でも、メディアの多数は盛り上がるだろう。そもそも、「文系メディア」はそういう話が好きだし、また多くの受け手も同様だからだ。

「小保方氏独占手記」は、みんな狙うだろう。そして、この「異議」によって、STAP細胞の真実よりも、よりわかりやすい下世話な話に流れていくんだろうか。もう、なんというか文系プロレスの場外乱闘になりそうな気がする。

だとしたら、相当残念な気もしている。

>> STAP報道と理系/文系の谷。の続きを読む